PCでスマホゲームを遊ぶ方法を丁寧に説明してみた

LifeHack

PCでスマホゲームを遊ぶ方法と賢い使い方

スマホゲームで遊んだことのある人なら感じたことがあるのではないだろうか?
もっと迫力のある大きな画面でスマホゲームをプレイしたい。画面が小さくて目が疲れる。チャットの入力にキーボードが使えればいいのに……

そんなお悩みを解決できる方法がある。パソコンの仮想化機能(VT)を開放することにより、パソコン上で仮想のAndroid OSを高速で実行可能とする、所謂Androidエミュレーターと呼ばれるものだ。

メリット

  • 大画面でゲームが遊べる
  • PCなら大容量なのでストレージを気にしなくていい
  • 通信速度が安定している
  • マルチウィンドウで複数窓でゲーム可能(要PCスペック)
  • スマホゲームのリセマラを同期機能により複数画面同時に行える(要PCスペック)
  • 簡単なマクロはレコーディングボタンで一発撮り
  • キーボード・マウス・ゲームパッドも使用可能

デメリット

  • 初期設定としてBIOSを自分で操作してVTを有効化してあげる必要がある
  • ゲームによってはエミュが明確に規則違反のことも
  • ゲームが突然非対応になることがある(アップデート後に起こることがある)
  • 正常に動作しないゲームはNoxの更新を待つことになる
    (たまにNox自体を弾いているゲームも存在する)
  1. 厳密に言うと、VT(Virtualization Technology)を有効にしなくてもエミュレーターは動くが、十分なパフォーマンスを発揮することが出来ないので、もしVTを開けないというのであれば大人しくエミュレータを使うのは諦めるべきだと金豚は思う。
  2. Noxでマクロを使っていてアカウントがBANされてしまったという話は、金豚の記憶にはないけれども、そういったリスクは受け入れた上で使うべきだろう。また、突然エミュが非対応になってしまった為にアカウントが実質消失してしまったなんて話はちょくちょく聞く。
  3. エミュを使うのならば、アカウントの引継ぎや紐付けはちゃんとやらないと泣きを見ることになる。何にせよエミュを使うのであれば全てが自己責任だ。よく理解しないまま下手にBIOSを弄ってPCが立ち上がらなくなってしまう危険性まである。それらを全て理解した上で使うかどうかを考えよう。

Androidエミュレーターの種類

エミュレーターは数多く存在するが、有名かつ安定したエミュレーターを順に紹介していこう。

Nox

一番有名なエミュレーターがNoxだ。中国産という不安要素もあるが2015年6月に初リリースをして以来、実に5年にも渡る長期にてAndroidエミュレーターの第一線で信頼を積み上げ続け、実績を確かなものとしている。

便利な機能も一通り網羅されており隙は少ない。強いて短所を上げるとするならば、Memuと比べるとどうしてもPCスペックが必要になってしまうところだろうか。

Memu

個人的に2番手に上げるエミュはMemuだ。こちらも2015年リリースのエミュであり、中国産ということまで一緒だ。Noxよりも軽快に動作させることが出来るのが強みだと感じる。

こちらも便利な機能は一通り網羅しており、noxで出来ることは大抵出来ると考えても良い。PCスペックに不安がある人はこちらを試すのも良いだろう。

BlueStacks

2011年にアメリカのシリコンバレーにある企業からリリースされたエミュだ。老舗とも言える昔からのエミュである。前述した2つのエミュの対抗馬はBlueStacksにおいて他には無いだろう。エミュとしての重さはNoxより重めかな。強みとしてはちゃんとしたアメリカのソフトウェア企業が作っているという安心感だろうか。

導入にあたっての確認

まずは自分のパソコンがVT機能をサポートしているかを調べよう。CPU-Vを使って確認することになる。画像の様にチェックマークが出ればOK

導入にあたっての壁

代表的なエミュレーターを紹介し終えたところで、エミュレーターを導入する時にまず必要となる作業を紹介しておこう。実際に手間暇かけてnoxをインストールしても、人によっては「ある壁」によって導入を断念することになるかもしれないからだ。

壁は2つ存在する。

  1. VTを開放するために、BIOSのシステムを変更する必要がある
  2. エミュレータ内でのgoogle playへのログインという精神面での抵抗

その壁と壁の突破方法を紹介しよう。

1.操作面の壁:バーチャライゼーション(VT)を有効にする

1つ目にあげた操作面の壁とは何だろうか?それはVTを有効にする為にBIOSと呼ばれる、あまり馴染みのない設定画面を操作しなくてはいけないという壁だ。BIOSとはパソコンの各種設定を管理する画面であり、金豚もPCのトラブルシューティングやCPUのオーバークロックをする時にお世話になる場所である。BIOSを弄るコツはとにかく焦らないこと。不安になったら一度「Esc」を押して保存せずに終了してしまおう。

1.BIOS画面に入ろう

PCの起動中に「F2」を連打しよう。大抵のPCなら「F2」を連打すればBIOS画面開くから(オイ

何度やっても開かないなら、そのPCはHP製かLenovo製の可能性が高いので、HPなら「Esc」または「F10」。Lenovoなら「F1」を押してみよう。

情報の補足としてBlueStacks公式ページへのリンクも載せておくので、より詳しく知りたいという方は覗いてみよう。

バーチャライゼーション(VT)を有効にする方法
BlueStacks 5をご利用の場合、この記事は役に立たない可能性があります。 これに関するBlueStacks 5の記事は、こちらをクリックしてご覧いただけます。 目的 こちらではPC上でバーチャライゼーション(VT)を有効にする方法をご紹介します。 BlueStacksバージョン すべてのバージョン 最...
2.黒い画面に文字がずらーっと出てきたらBIOS画面

BIOS画面では、十字キー(↑↓→←)決定(Enter)で操作をオススメする。

BIOS画面はごちゃごちゃしてるが、画面全体を一度確認しよう。マザーボードによってBIOS画面も変わる為、同じ画面レイアウトをしている訳ではないが案ずることはない。

  1. VTとはAdvanced(高度)な設定である
  2. VTとはVirtualization Technology(仮想化機能)の略である
  3. VTとはCPUに備わった機能である
  4. VTの初期値はDisabled(無効)である

Advanced、Virtualization、CPUという単語に注目しよう。どんなBIOS画面であろうと、VTに対応しているのであればVirtualzationという単語がどこかに隠れているはずだ。もし見つからないのであれば、Advancedタブを探そう。その先にCPU Configuration……つまりCPUという英語があればそれを辿り、Virtualzationという文字を探せばいい。

Virtualzationを見つけたら、それをDisabled(無効)からEnabled(有効)へ変更。BIOS画面に表示されているSaveボタンを押して終了。

3.仮想化が出来たかを確認(win10)

デスクトップ画面を表示しよう。Ctrl+Alt+Deleteを同時押ししてタスクマネージャーを起動。パフォーマンスタブを開いて仮想化出来ているかを確認。有効と出ていれば無事完了です。pcの仮想化完了

2.精神面の壁:中国製のツール内での情報入力

これはもう単純に危険だから警戒しようねって話。google playにgmailのメインアカウントでログインするのなら電話番号と紐付けした2重認証にしようねとか、新しくgmailアカウントを作ってログインするという話。

一応、エミュレータにはapkという外部ファイルを読み込んでインストールをすることでgoogle playを経由しなくてもゲームをインストールする方法は存在する。

だが、日本でリリースされるスマホオンラインゲームのapkファイルは主に外国人がアップするもので中々に分かり辛い上に、広告やらウイルスの危険性やらで面倒臭い。なので、どうしてもgoogle playに行きつくと思うのだが、Noxは中国製のツールということでgmailを使ってのログインには警戒をしてしまうと思う。ちゃんと自衛をして安全な環境を目指そう。

ちなみに金豚はgmailのメインアカウントを二重認証してNoxを使っている

ここまで来れば後はNoxをインストールして起動するだけ

ここからはサクっと行くぞー!

Noxをインストール

  1. まずはNoxをダウンロードしよう。
  2. 普通にインストール
  3. デスクトップに「Nox」「Multi-Drive」のショートカットが出来る

Noxの設定を確認

Noxの起動はMulti-Driveから起動するようにしましょう。色々と便利です。では初期作業をしていきましょう。

noxのmulti-driveの画像

右下にある青いボタン「エミュレーターの追加」の右端を押そう。

新しいゲームにも対応してて欲しいのでAndroid7を選ぼう。

設定noxの設定

オプションを開いて自分のPCスペックにあった設定をしよう。パフォーマンス設定は自分のPCスペックによって最適なものを選んでみよう。実際に起動して重さなどを確かめてみよう。

大事なのは強化互換モードと速度モードです。記述されている様にOpenGL+でゲームアプリが動かない時に、DirectX環境に切り替えることで動くことがあります。動かなかったらまずはここを切り替えてみよう。

フレーム設定:あまり弄る必要性は感じないけど、とりあえず60fps。重ければ40fpsでいい。

設定を保存してNoxを起動してみよう!

Noxを起動!

初回の勝手にゲームアプリをダウンロードするので重いから注意。少し待とう。

noxのショートカット機能一覧の画像

便利な機能

  1. アプリストア:ゲームをダウンロードする場所(google play)
  2. Noxの画面を全画面にする
  3. 音量調整
  4. マルチウィンドウ(複数のゲーム実行)
  5. 隠されているオプションを表示
  6. レコーディング機能。簡単にマクロを作れる
  7. 起動している複数のマルチウィンドウへの操作をリンク(連動)させる
  8. ゲームパッドの使用設定
  9. 上から順に「戻る」「ホーム」「タスク」

表示されている通りだけど一応ね。とりあえず起動までの案内ということで、この記事ではここまでとしておこう。

最後のワンポイント

multi-driveの画面でコピーボタンを押すだけで、全く同じ状態のインスタンス(仮想環境)を複製することが出来るよ。オンラインゲームのリセマラを4画面同時にやりたいなんて時に使えるよ

お疲れ様でした

エミュレータは導入さえ済ませてしまえば、とても便利なツールです。良いエミュライフを!

記事の評判が良ければ、機能編の記事なども作ろうと思います。それでは!

コメント

  1. 匿名 より:

    とても勉強になりました。このページのおかげで今まで出来なかったVTを有効にすることが出来ました。ありがとうございます。自分は今中3ですが、このページのように人に役立つような仕事につきたいと思いました。ありがとうございました。これからも頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました