初心者の為のWordPressの始めかた 前編

LifeHack

WordPressとは、無料で使えて、自分の好きな機能を簡単にインストールすることができる非常に有り難いシステム(CMS)です。昔は、ホームページを作る為にはタグを打ったり、自身でphpを作ったりと大変な労力を掛ける必要がありました。

ですが、今では知識がない初心者でも簡単にWebサイトを作り、運営していくことが可能です。この記事では、全くの初心者の方がwordpressを使ったwebサイトを立ち上げるまでの流れをご紹介しようと思います。

1.サイト制作に必要なもの

 

1-1 パソコン

web制作では大した性能は必要ありませんので、予算10万以下のパソコンや現在使っているもので十分です。ですが、私のおすすめとしては1万円以下のグラフィックボードをつけて、デュエルモニターにすると作業効率に大きな違いがでます。

1つ目のモニターで作業を、2つ目のモニターで参考にするページを開きながら……など作業に柔軟性が生まれます。

1-2 レンタルサーバー

 

 サーバー予算

初期費用3000円
月額1200円

ホームページをインターネットで表示させる為には、Webスペースが必要です。レンタルーサーバーを提供している会社は多く存在しますが、はっきり言って契約するのならばエックスサーバー
の一択
です。理由としては、料金が安い・速度が速い・安定性が高いの3拍子が揃っているからですね。

カードでの自動更新ですと1ヶ月1100円(税込)は破格です。大手サイトでも数多くのサイトが使っているレンタルサーバーなので、エックスサーバーでレンタルしておけばまず間違いないです。

1-3 ドメイン

 

 ドメイン予算

初期費用0円
月額 com / net 150円↓
jp 250円前後

ドメインとは、私たちの実生活における名前みたいなものです。ドメインはgoogle検索の独自基準によって評価されていくことになります。質の良いサイトなのか否か?信頼の出来るサイトなのか否か?ユーザーに役立つサイトなのか否か?

等々、様々な観点からドメインが評価されることになります。これらドメインの総合評価は一言でドメインパワーと呼ばれています。継続してサイトを運営していきながら、信用をコツコツと積み重ねてドメインパワーを強力にしていくことが、サイトを大きくする上で大事な要素の一つです。

ドメインの例
  1. ヤフーのドメイン yahoo.co.jp
  2. グーグルのドメイン google.com
  3. 楽天のドメイン rakuten.co.jp

ドメインを扱う業者もこれまた沢山ありますが、ドメインを取るならば業界最大手のお名前.com
で決まりです。業界最大手になるのには理由があります。とにかく安い!

ドメインはとても大事なものですが、webサイトを運営していくにあたって必要となるドメイン関連の作業は、始めの少しだけです。であれば、出来るだけ安い値段でドメインを取得するのが最も賢い選択だと思います。

ちなみにお名前.comでドメインを取る時には、2個目からのドメインなら更に安く取得する為のちょっとしたコツがあります。一個でもドメインを登録すると、登録してメールアドレスにお得な割引クーポンが毎日のように発行されて、半額以下の格安で登録できるようになります。

1-4 FTPソフト

予算:無料の為、初期費用と月額ともに無し

FTPソフトとは、ローカル環境からホームページ領域へアクセスする際に必要となるソフトです。webサイトを運営するのなら必ず使ったほうが良いです。無料のソフトが数多く存在します。

wordpressを使ってwebサイトを作るのであれば、文章や画像などをページ上に表示させるのも難しいことではありません。しかし、それは目に見えていないだけで実際には「あなたの端末に入っている画像や文章などのデータを、契約したレンタルーサーバーの領域に移動させている」ということです。

その作業を、もっと手軽に、より緻密に作業する時に必要となるソフトです。少しとっつき難いかもしれませんが、少し手こずるとしたら設定のとこだけですので安心してください。

2.レンタルサーバーの契約

 

2-1.エックスサーバーのトップページへ移動

ではさっそくサイト制作をしていきましょう。
まずはレンタルサーバーの契約が先になります。エックスサーバーへ移動しましょう。
ページ下部に存在する「お申し込みはこちら」をクリックしましょう。
エックスサーバーは10日間のお試し期間があるので、気が変わって辞めたいという時も10日間以内であれば料金が発生しませんので、気軽にいきましょう。

エックスサーバー申し込み

 

2-2.お申し込みフォームのページへのリンク

「初めてご利用のお客様」から新規申し込み。

2-3 お申し込みフォームを入力する

入力欄を埋めていってください。注意すべきは、プランはX10プランを選ぶということです。一番安くとてもコスパに優れています。よほど大きなサイトでも無い限りは上位プランが必要になることはまず無いです。また、将来的に変えたいという時は上位プランのX20やX30のプランへ移行することも出来ます。

全ての必須入力欄を埋めて申し込みが完了すると、登録したメールアドレス宛にエックスサーバーからメールが届きます。

申し込みプランX10

2-4 届いたメールを確認する

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (○○○.xsrv.jp)
というタイトルでメールが届いているのを確認してください。
このメールにはユーザーアカウント情報、サーバーアカウント情報、FTP情報が記載されている大事なメールになりますので、誤って削除などしないように気をつけましょう。

2-5 インフォパネルのパスワードを変更する

届いたパスワードはランダムな英数字となっており不便なので、まずはパスワードを自分の好きなパスワードに変えてしまいましょう。
まずはエックスサーバーのインフォパネルにログインしましょう。
上の欄は登録したメールアドレス。下の欄はエックスサーバーから届いたメールの▼ユーザーアカウント情報に記載されているインフォパネルパスワードを入力します。

インフォパネルログイン

ログインできたらページ左上にある会員情報・お知らせのメニューからパスワード変更を選んで、新しいパスワードを設定してください。

2-6 サーバーアカウントのパスワードを変更する

サーバーアカウントのパスワードとFTPソフトのパスワードは同一のものになります。

インフォパネルのトップページにご契約一覧という表示があるので、サーバーの項目からサーバー管理をクリックします。
サーバーパネルが開いたら、アカウント項目からパスワード変更をクリックし、先程と同じように新しいパスワードを設定してください。インフォパネルとサーバーアカウントのパスワードは同じである必要はありませんが、自分の場合は同じものにしています。

ここまででレンタルサーバーの初期作業は一旦区切りとなりますが、アカウント名やパスワードといったアカウント情報は長い付き合いになります。メールに残っているからと慢心せずに、メモ帳に保存するなり紙に印刷するなり自己管理をしましょう。

3.お名前.comでドメインの取得

 

3-1 欲しいドメインを検索

続いてドメインの取得をしましょう。お名前.comへ移動します。移動先のページの空白部分へ、好きなドメインを入力しましょう。ドメインは非常に重要なもので、一度決めたら変えることは出来ません。もう取られてしまっているドメインも数多いですが、自分が納得するドメインが取れるまで粘りましょう。

入力をして検索を押すと、ドメインが空いているかどうかの結果が表示されます。

例として、当サイトのドメインであるpiggy-bankの検索結果を載せます。空白になっているドメインが取得可能なドメインですね。

3-2 取得すべき種類のドメイン

さて、このドメインですが実は種類がありまして、代表的なもので.com .net .jp の3つがあります。逆に言えば、個人のサイトでこの3つ以外のドメインを設定しているサイトというのは稀です。

COM世界で広く使われている、世界で1番メジャーなドメインです。comには「商業・商用」という意味が込められています。
NET世界で広く使われており、世界で2番目にメジャーなドメインと言えます。netには「ネットワークサービス」という意味が込められています。
JPjpは外国では使われておりませんが、日本でとてもメジャーなドメインです。jpには「日本」という意味が込められており、日本人に対して一定の信用を担保しています。com・netに比べ料金が若干高くなっています。

どれを取得するかは自由です。自分の取りたいドメインを検索してみて3つのドメインの内の空いているドメインを選ぶのか、comドメインやjpドメインに拘って、任意文字列の部分を妥協するか自分でじっくりと考えて決めてください。

ずっと付き合っていくことになるので、十分に時間を掛けて決定しましょう。

3-3 ドメイン申し込みへ

納得の行くドメインが決まったらお申し込みボタンを押しましょう。

①1年登録
②初めてご利用の方をチェック
③メールアドレスを入力(エックスサーバーの時と同じメールアドレスを使いましょう)
④任意のパスワード(エックスサーバーと同一のパスワードをおすすめします)
⑤クリック
※オプションは全て必要無いので、チェックはしないでください。

ここから先は個人情報、お支払い情報の入力です。順に入力して申し込みを完了させましょう。

4.契約したサーバーとドメインの関連付け

ここまでお疲れ様でした。ここからは多少専門的な操作になっていきます。画像や説明を参考にして丁寧に作業をしていきましょう。

4-1 ドメインの追加

お名前.comで取得したドメインをエックスサーバーへ追加します。

  1. エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。
  2. ドメイン項目からドメイン設定をクリックします
  3. ドメイン設定追加のタブをクリック
  4. お名前.comで取得したドメインを入力して、確認画面を進むを推す
  5. 移動先のページの下部の「追加する」をクリック

※無料独自SSLと高速化のオプションはチェックしたままでOKです。もしエラーが出た場合はチェックを外してください。後編にて再度設定する機会があります。

4-2 ネームサーバーの設定

エックスサーバーへ追加したドメインのネームサーバーを、エックスサーバーのネームサーバー情報へ置き換えます。

1.お名前.com Naviにログインします。
2.上のヘッダーメニューからドメインをクリックします。
3.先ほど取得したドメインのネームサーバー:その他をクリックします。

4.ネームサーバー設定というページか確認する
5.ネームサーバーの選択で「その他」を選び、空白の欄に画像の通りに入力する。

 設定ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

6.ページ下部の確認をクリックして反映させる。
基本的には1時間以内には反映が完了されるかと思います。
ここまで完了したら、ネームサーバーが反映されるまで待ち時間があるので一度休憩しましょう。

5.WordPressのインストール

いよいよレンタルサーバーへwordpressをインストールする時が来ました。もう少しなので頑張ってください。

5-1 WordPress簡単インストール

  1. エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。
  2. wordpressの項目から、WordPress簡単インストールをクリックします。
  3. 取得したドメインが表示されているので、「選択する」をクリック
  4. wordpressインストールのタブをクリック
  5. 項目を入力していく。サイトURLのところはwpにしてください。
  6. 確認画面へ進む→移動先のページで「インストール」

※ユーザー名とパスワードは、wordpressにログインする時に使用するのでメモしましょう。

これでwordpressのインストールは完了です。驚くほどに簡単ですね。

5-2 wordpressへログインしてみる

それでは早速、wordpressがちゃんとインストールされているか確認してみましょう。
5-1でお世話になったWordPress簡単インストールをクリックしましょう。
インストール済みwordpress一覧に、あなたのサイト情報が表示されているはずです。

ここで注目するのはサイトURLと管理画面URLです。
サイトURLは世界中に公開する為の、サイトへの入り口です。
管理画面URLは、wordpressを管理する為の管理人専用の入り口です。

管理画面URLをクリックしてみましょう。ネームサーバーの設定が反映されており、エックスサーバーとお名前.comのドメインが関連付け出来ていればログインページが表示されます。

5-1で設定したユーザー名とパスワードでログインしましょう。
もしこのページが表示されない場合は、ネームサーバーの反映が完了されてない可能性が一番高いです。30分ほど待ってから、再度試してください。

まとめ

この記事では、最初の最初からwordpressを立ち上げるまでの一連の作業を説明しました。
ここまでの作業を済ませればwordpressを使うことが出来ますし、他の人にサイトを見てもらうことも出来ます。

……しかし!最初にすべき作業は実はまだ存在しているのです。

  1. urlからwpを抜く作業
  2. httpをhttps(保護されたページ)へ変える作業
  3. パーマリンクを変更する作業
  4. 超オススメの無料テーマ、cocoonの適用
  5. FTPソフトを設定する作業
  6. 最低限のプラグイン

これらの作業は全てお金は掛かりません。必須な作業ではありませんが折角wordpressをやるのであれば、やるべきだと私は思います。後編にて解説していきますので、時間がある時にお付き合いくださいませ。

長々とお疲れ様でした。

最後に。

エックスサーバー+お名前.comの組み合わせ最強!

初心者の為のWordPressの始めかた 後編
wordpressの初期設定作業の初めから終わりまでを画像を使いながら丁寧に説明しています。アドレスからwpを抜く方法、ffftpソフトの設定方法、ページの暗号化方法、理想的なパーマリンクの設定方法。

コメント

タイトルとURLをコピーしました