絵の練習1-3日目 ちゃんとした絵の勉強を始めた

お絵描き

液タブは素晴らしい買い物だったようだ

折角、液タブを買ったのでシコシコと絵のノウハウ動画を見ながらラフを描いていてた。いや~、デジタルって素晴らしい。

皆も子供の頃に1度や2度は、チラシの裏に絵を殴り書きしたことはあるのではないだろうか。書き直す部分を消しゴムで消しながら何度も何度も書き直して……

デジタルはボタン一発ですわ。こんな効率良かったら、そりゃ楽しいわと思った。

GAOMONの液タブを買って、絵の練習をしたのは3日間。

1日目 描きたい絵柄の模索

自分の好みな絵柄の模索。模索の結果、人様の絵を色々と見て回った結果、7~7.5頭身程度が好みだとわかった。youtube動画のレッスン動画を見ながら、とにかく目の位置、耳の位置を大事にして手早く描いてみた。なかなか自分的に好みな絵柄だった。口は何度書いても納得いかなかったので、良いレッスン動画がないか探し中

2日目 手の動画を見まくる

手は人体で一番難しいらしく、人体を描くに当たって鬼門らしい。けど私にはyoutube動画のレッスン動画がついている。プロ漫画家の動画を何度も見ながら頭に入れて手を何個か描いていく。

違和感は感じるが、良い滑り出しに感じる。なんでも手というのは「単純化して描くのが」コツだそうだ。つまり画像のように1234のように単純化させて描く。オーソドックスな手が描ければ、素人なりに表現の幅も広がるようなので頑張るぞい

3日目 好みの塗り探しと筆探し

塗りってくっそ難しくないかい。いやー、本当思い通りにいかない。自分的にはもっと油絵的な塗り方をしたいのに、全然出来ない。というか陰影の付く所と付かない所の判断が全然出来ない

どこに影がついて、どこにハイライトを入れるか。今まで生きてきた中でそんなの考えたことも無かった。これは練習でどうにかなる感覚なんだろうか。

GAOMON  PD2200の液タブを3日ほど使用した感想

何と言っても中国製ということで、個人的に物凄く警戒していたが結果は大満足だった。

  • 4万円だった(激安)
  • 怒涛の21.5インチ!これ重要!
  • 視差が無い。自分はこの3日間で一度も感じてない
  • 角度調整が楽。付属の一体型スタンドね
  • ペーパーライクということで、ペン先の減りを危惧していたが、全然減ってない。私の筆圧が低いだけなのか?液タブ初めてなのでわからない。酷いペーパーライクフィルムを使っていると1日で芯を交換することになるという報告が多数あることから、悪くないんじゃないだろうか
  • 届いた時点では、色の設定が変なので要変更(設定値はyoutube動画にあったで)
  • ペン、ペン先9本、描く時のグローブがついてくるのがgood!

こんなとこかな?
中古品を買うにしても、中国製品を買うにしても、安物買いの銭失いだとずっと考えていた自分には嬉しい誤算だったよ。まぁ、評価をするには耐久性という面も含まれてくるので、そこも加味して考えなければいけないんだろうけどね。

3年くらいは持って欲しいと考えてはいるが、どうなるかねー。んで、何で高品質なのにこんなに安いかを考えてみたんだけど。これ中国製の液タブメーカー6社くらいあるけど、作ってる部品や工場はほぼ同じなんじゃないのかね。

まぁ、今回のGAOMON PD2200の性能とコスパには大満足の評価をつけておこう。

そうそう。この商品に限らず、電化製品を買う時は出来るだけamazonで買うようにするといいよ。amazonなら100%確実に返金してくれるから安心感が全然違う。でわ

コメント

タイトルとURLをコピーしました